阿部智里の全作品一覧。長編小説&シリーズものなど網羅– 作家 –

あわせて読みたい

当サイトで紹介している作家さんは下のリンク先でまとめています。興味がある方はご覧ください。

阿部智里 シリーズ作品一覧

八咫烏シリーズ(13作)

  1. 『烏に単は似合わない〈八咫烏シリーズ1〉』(2012年6月)
  2. 『烏は主を選ばない〈八咫烏シリーズ2〉』(2013年7月)
  3. 『黄金の烏〈八咫烏シリーズ3〉』(2014年7月)
  4. 『空棺の烏〈八咫烏シリーズ4〉』(2015年7月)
  5. 『玉依姫〈八咫烏シリーズ5〉』(2016年7月)
  6. 『弥栄の烏〈八咫烏シリーズ6〉』(2017年7月)
  7. 『烏百花 蛍の章〈八咫烏シリーズ外伝〉』(2018年5月)
  8. 『楽園の烏〈八咫烏シリーズ7〉第二部1』(2020年9月)
  9. 『烏百花 白百合の章〈八咫烏シリーズ外伝〉』(2021年4月)
  10. 『追憶の烏〈八咫烏シリーズ8〉第二部2』(2021年8月)
  11. 『さわべりのきじん〈八咫烏シリーズ外伝〉』(2022年1月)
  12. 『きらをきそう〈八咫烏シリーズ外伝〉』(2022年6月)
  13. 『烏の緑羽〈八咫烏シリーズ9〉第二部3』(2022年10月7日)

阿部智里 ノンシリーズ(単発)作品一覧(刊行順)

『発現』(2019年1月30日)

出典:www.amazon.co.jp

発現 (文春文庫 あ 65-8)―2021年8月3日発売

長編小説

「おかしなものが見える」憔悴しきった姿で実家に戻ってきた兄。お兄ちゃん、あの時の母さんと同じ顔してる―-―大学生のさつきは、幼い頃に亡くした母の顔を思い出し衝撃を受けるが、心の病と信じて兄を気遣う。しかし、さつきの眼にも咲き乱れる彼岸花と少女のイメージが映りはじめた。これは本当に病なのだろうか?昭和四十年、ある男が橋から身を投げて死んだ。男はシベリア抑留を生き延びて帰国し、幸せにくらしていたはずだったのになぜ――その橋の脇には、彼岸花が咲いていたという。昭和と平成、二つの時代をまたいで繋がる「恐怖」の正体とは?大ヒット160万部ファンタジー「八咫烏シリーズ」の著者が描く戦慄のノンジャンル長編。中島京子氏との対談を収録。

阿部智里 アンソロジー作品一覧(刊行順)

『妖し』(2019年12月5日)

出典:www.amazon.co.jp

妖し (文春文庫)―2019年12月5日発売

暑い日になぜか起こる奇怪なある出来事、風鈴の音が呼び覚ますもう一人のわたしの記憶、死んだはずの母が見えるわたし、病院から届いた友人のSOS、旧いブザーを押す招かざる客…。それは不思議な夢か、それとも妄想なのか?10人の豪華執筆陣が“怪異”をテーマに描く、短篇アンソロジー。極上の奇譚小説をあなたに―。

『猫はわかっている』(2021年10月6日)

出典:www.amazon.co.jp

猫はわかっている (文春文庫 む 13-52)―2021年10月6日発売

現代を代表する人気作家たちが、猫への愛をこめて書き下ろす猫の小説集。猫が一生に一度だけ、人間の言葉をしゃべる⁉ 仕事と家事・育児にフル回転の雑誌編集者、九美が余命幾ばくもない猫を引き取ることになり…(村山由佳)野良出身、いまは堂々の家猫ニャアが野犬に襲われ、まさかの⁉(阿部智里)火事が起きたとき妻と双子の息子達の明暗が分れた。猫は何を見ていた?(長岡弘樹)妊娠した姉から預かった猫との生活に、私の人生観が変わりだし…(望月麻衣)ほか、有栖川有栖、嶋津輝、カツセマサヒコらが登場。謎と企みに満ちた、オリジナル・アンソロジー。「猫」扉イラスト・佐久間真人