2/16 誉田哲也さん追加全作品はこちら

恩田陸『神原恵弥』シリーズ小説一覧|読む順番&最新刊など網羅

『MAZE』から始まる、恩田陸作のミステリー小説「神原恵弥」シリーズの一覧まとめ。読む順番やあらすじ等も確認できます。読む順番をざっくり紹介すると『MAZE[メイズ]』『クレオパトラの夢』『ブラック・ベルベット』です。詳しくは記事をご覧ください。

あわせて読みたい

恩田陸さんの全作品を下のリンク先でまとめています。興味がある方はご覧ください。

「神原恵弥」シリーズ刊行順一覧

神原恵弥シリーズは全3作発売中です。刊行順に並べると下の表のとおり。

見切れていたらスクロールできます
刊行年月タイトル ※クリックで表紙が見れます
2001年2月MAZE[メイズ]
2003年10月クレオパトラの夢
2015年5月ブラック・ベルベット
「神原恵弥」シリーズ刊行順一覧表

「神原恵弥」シリーズを読む順番

神原恵弥シリーズは刊行順に読んでいくのがベストです!

この順番に読もう

『MAZE[メイズ]』(2001年2月)
出典:www.amazon.co.jp

MAZE 新装版 (双葉文庫)―2015年4月16日発売

長編小説

アジアの西の果て、荒野に立つ直方体の白い建物。一度中に入ると、戻れない人間が数多くいるらしい。その「人間消失のルール」を解明すべくやってきた男たちは、何を知り得たのか? 人間離れした記憶力を持ち、精悍な面差しながら女言葉を繰り出す魅惑の凄腕ウイルスハンター・神原恵弥を生み出したシリーズ第一弾、新装版!

『クレオパトラの夢』(2003年10月)
出典:www.amazon.co.jp

クレオパトラの夢 新装版 (双葉文庫)―2015年4月16日発売

長編小説

北国のH市を訪れた神原恵弥。不倫中の双子の妹を連れ戻すという名目の裏に、外資製薬会社の名ウイルスハンターとして重大な目的があった。H市と関係があるらしい「クレオパトラ」と呼ばれるものの正体を掴むこと。人々の欲望を掻きたててきたそれは、存在自体が絶対の禁忌(タブー)であった――。シリーズ第二弾、新装版!

『ブラック・ベルベット』(2015年5月)
出典:www.amazon.co.jp

ブラック・ベルベット (双葉文庫)―2018年6月13日発売

長編小説

東洋と西洋の交差点、T共和国。外資製薬会社の凄腕ウイルスハンター・神原恵弥が訪れた目的は、夢のような鎮痛剤と噂される「D・F」についてある人物から情報を得ることと、T共和国内で消息を絶った女性科学者を捜索すること。そしてもう一つは、密かに恋人関係にあった橘浩文と再会することだった。国内で見つかったという黒い苔に覆われた死体、女性科学者の足取り、「D・F」の正体、橘の抱える秘密…。すべての背景が明かされて浮上する、驚愕の事実。好評シリーズ第三作!

読む順番のおさらい

この順番に読めばOK!

以上、「神原恵弥」シリーズ一覧と読む順番でした。

※このページの情報は2022年8月5日時点の内容のため、最新情報とは異なる可能性があります。

よかったらシェアしてね!