雫井脩介『引き抜き屋』シリーズ小説一覧|読む順番&最新刊など網羅

雫井脩介作のビジネス小説「引き抜き屋」シリーズの一覧まとめ。読む順番やあらすじ等も確認できます。読む順番をざっくり紹介すると『引き抜き屋(1) 鹿子小穂の冒険』『引き抜き屋(2) 鹿子小穂の帰還』です。詳しくは記事をご覧ください。

あわせて読みたい

雫井脩介さんの全作品を下のリンク先でまとめています。興味がある方はご覧ください。

「引き抜き屋」シリーズ刊行順一覧

引き抜き屋シリーズは全2作発売中です。刊行順に並べると下の表のとおり。

見切れていたらスクロールできます
刊行年月タイトル ※クリックで表紙が見れます
2018年3月15日短編集 引き抜き屋(1) 鹿子小穂の冒険
2018年3月15日短編集 引き抜き屋(2) 鹿子小穂の帰還
「引き抜き屋」シリーズ刊行順一覧表

「引き抜き屋」シリーズを読む順番

引き抜き屋シリーズは刊行順に読んでいくのがベストです!

この順番に読もう

『引き抜き屋(1) 鹿子小穂の冒険』(2018年3月15日)
出典:www.amazon.co.jp

引き抜き屋(1) 鹿子小穂の冒険 (PHP文芸文庫)―2019年11月9日発売

父が創業した会社で若くして役員となった鹿子小穂は、父がヘッドハンターを介して招聘した大槻によって会社を追い出されてしまう。そんな小穂を拾ったのは、奇しくもヘッドハンティング会社だった。新米ヘッドハンター・小穂は、一流の経営者らに接触するなかで、仕事や経営とは何か、そして人情の機微を学んでいく――。緊迫感溢れるミステリーで人気の著者が新境地に挑んだ、予測不能&感涙のビジネス小説。

『引き抜き屋(2) 鹿子小穂の帰還』(2018年3月15日)
出典:www.amazon.co.jp

引き抜き屋(2) 鹿子小穂の帰還 (PHP文芸文庫)―2019年11月9日発売

「私が死ぬ前に、後継社長を見つけてほしい」「プロジェクトチームのメンバーを丸ごと引き抜いてほしい」――。新人ヘッドハンターとして働く鹿子小穂は、様々な難題に苦闘しながらも、ヘッドハンティングの仕事にやり甲斐を見出していく。そんなある日、小穂のもとに父の会社が経営危機に陥っているとの報せが届く。ある人物が怪しい動きをしていることに気づいた小穂は、会社を救うべく起死回生の一手を打とうとするが……。一気読み必至のエンターテインメント小説。

読む順番のおさらい

この順番に読めばOK!

以上、「引き抜き屋」シリーズ一覧と読む順番でした。

※このページの情報は2022年10月11日時点の内容のため、最新情報とは異なる可能性があります。

よかったらシェアしてね!