坂木司『二葉と隼人の事件簿』シリーズ小説一覧|読む順番&最新刊など網羅

坂木司作のミステリー小説「二葉と隼人の事件簿」シリーズの一覧まとめ。読む順番やあらすじ等も確認できます。読む順番をざっくり紹介すると『先生と僕』『僕と先生』です。詳しくは記事をご覧ください。

あわせて読みたい

坂木司さんの全作品を下のリンク先でまとめています。興味がある方はご覧ください。

「二葉と隼人の事件簿」シリーズ刊行順一覧

二葉と隼人の事件簿シリーズは全2作発売中です。刊行順に並べると下の表のとおり。

見切れていたらスクロールできます
刊行年月タイトル ※クリックで表紙が見れます
2007年12月1日短編集 先生と僕
2014年2月19日短編集 僕と先生
「二葉と隼人の事件簿」シリーズ刊行順一覧表

「二葉と隼人の事件簿」シリーズを読む順番

二葉と隼人の事件簿シリーズは刊行順に読んでいくのがベストです!

この順番に読もう

『先生と僕』(2007年12月1日)
出典:www.amazon.co.jp

先生と僕 (双葉文庫)―2011年12月15日発売

都会の猫は推理好き。田舎のネズミは…?―ひょんなことから大学の推理小説研究会に入ったこわがりな僕は、これまたひょんなことからミステリ大好きの先生と知り合う。そんな2人が、身のまわりにあるいろいろな「?」を解決すると同時に、古今東西のミステリ作品を紹介していく連作短編集。事件の真相に迫る名探偵は、あなたをミステリの世界に導く名案内人。巻末には仕掛けに満ちた素敵な「特別便」も収録。

『僕と先生』(2014年2月19日)
出典:www.amazon.co.jp

僕と先生 (双葉文庫)―2017年6月15日発売

こわがりなのに、大学の推理小説研究会に入ってしまった「僕」と、ミステリが大好きな中学生の「先生」が、身のまわりで起きるちょっとした「?」を解決していく“二葉と隼人の事件簿”シリーズの第2弾。前作『先生と僕』同様、ふたりの活躍に加え、ミステリガイドとしてみなさんを愉しいミステリの世界へと導く!

読む順番のおさらい

この順番に読めばOK!

以上、「二葉と隼人の事件簿」シリーズ一覧と読む順番でした。

※このページの情報は2022年9月28日時点の内容のため、最新情報とは異なる可能性があります。

よかったらシェアしてね!