歌野晶午『密室殺人ゲーム』シリーズ小説一覧|読む順番&最新刊など網羅

歌野晶午作のミステリー小説「密室殺人ゲーム」シリーズの一覧まとめ。読む順番やあらすじ等も確認できます。読む順番をざっくり紹介すると『密室殺人ゲーム王手飛車取り』『密室殺人ゲーム2.0』『密室殺人ゲーム・マニアックス』です。詳しくは記事をご覧ください。

あわせて読みたい

歌野晶午さんの全作品を下のリンク先でまとめています。興味がある方はご覧ください。

「密室殺人ゲーム」シリーズ刊行順一覧

密室殺人ゲームシリーズは全3作発売中です。刊行順に並べると下の表のとおり。

見切れていたらスクロールできます
刊行年月タイトル ※クリックで表紙が見れます
2007年1月12日密室殺人ゲーム王手飛車取り
2009年8月7日密室殺人ゲーム2.0
2011年9月7日密室殺人ゲーム・マニアックス
「密室殺人ゲーム」シリーズ刊行順一覧表

「密室殺人ゲーム」シリーズを読む順番

密室殺人ゲームシリーズは刊行順に読んでいくのがベストです!

この順番に読もう

『密室殺人ゲーム王手飛車取り』(2007年1月12日)
出典:www.amazon.co.jp

密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)―2010年1月15日発売

長編小説

〈頭狂人〉〈044APD〉〈aXe〉〈ザンギャ君〉〈伴道全教授〉。奇妙なニックネームの5人が、ネット上で殺人推理ゲームの出題をしあう。ただし、ここで語られる殺人はすべて、出題者の手で実行ずみの現実に起きた殺人なのである……。リアル殺人ゲームの行き着く先は!?歌野本格の粋を心して堪能せよ!

『密室殺人ゲーム2.0』(2009年8月7日)
出典:www.amazon.co.jp

密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)―2012年7月13日発売

長編小説

あの殺人ゲームが帰ってきた! ネット上で繰り広げられる奇妙な推理合戦。その凝りに凝った殺人トリックは全て、五人のゲーマーによって実際に行われたものだった。トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。名探偵でありながら殺人鬼でもある五人を襲う、驚愕の結末とは。<本格ミステリ大賞受賞作>

『密室殺人ゲーム・マニアックス』(2011年9月7日)
出典:www.amazon.co.jp

密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社文庫)―2015年1月15日発売

長編小説

〈頭狂人〉〈044APD〉〈aXe〉〈ザンギャ君〉〈伴道全教授〉。奇妙なハンドルネームを持つ5人がネット上で仕掛ける推理バトル。出題者は実際に密室殺人を行い、トリックを解いてみろ、とチャットで挑発を繰り返す。謎解きゲームに勝つため、それだけのために人を殺す非情な連中の命運は、いつ尽きる!?

読む順番のおさらい

この順番に読めばOK!

以上、「密室殺人ゲーム」シリーズ一覧と読む順番でした。

※このページの情報は2022年9月27日時点の内容のため、最新情報とは異なる可能性があります。

よかったらシェアしてね!