今野敏『琉球空手』シリーズ小説一覧|読む順番&最新刊など網羅

『義珍の拳』から始まる、今野敏作のアクション小説「琉球空手」シリーズの一覧まとめ。読む順番やあらすじ等も確認できます。読む順番をざっくり紹介すると『義珍の拳』『武士猿』『チャンミーグヮー』……です。詳しくは記事をご覧ください。

あわせて読みたい

今野敏さんの全作品を下のリンク先でまとめています。興味がある方はご覧ください。

「琉球空手」シリーズ刊行順一覧

琉球空手シリーズは全5作発売中です。刊行順に並べると下の表のとおり。

見切れていたらスクロールできます
刊行年月タイトル ※クリックで表紙が見れます
2005年5月26日義珍の拳
2009年5月26日武士猿
2014年9月5日チャンミーグヮー
2017年9月26日武士マチムラ
2021年6月4日宗棍
「琉球空手」シリーズ刊行順一覧表

「琉球空手」シリーズを読む順番

琉球空手シリーズは刊行順に読んでいくのがベストです!

この順番に読もう

『義珍の拳』(2005年5月26日)
出典:www.amazon.co.jp

義珍の拳 (集英社文庫)―2009年5月20日発売

長編小説

時は明治。琉球の下級士族の家に生まれた富名腰義珍は、生来の病弱を克服するために門外不出の秘伝であった唐手を学びはじめる。ひたすら同じ型を練り続ける日々の中で義珍の心身は強靱になり、修行にのめり込んでいく。そして時は移り、教育者となった義珍は、唐手を青少年の育成に役立て、古伝の精神を本土に普及させることを決意する。琉球秘伝の「唐手」を極め、本土に「空手」を伝えた男の生涯。

『武士猿』(2009年5月26日)
出典:www.amazon.co.jp

武士猿 (集英社文庫)―2012年5月18日発売

長編小説

明治初期、琉球王朝の末裔として生まれた本部朝基(もとぶちょうき)は、王家に伝わる武術、手(ティー)の実戦修行を繰り返していた。噂を聞きつけた猛者たちの挑戦を受け、鍛錬を積む日々。やがて拠点を内地へ移した朝基は、柔道やボクシングの使い手と他流試合を行うようになる。命のやりとりの中で“真の強さとは何か”を追求した伝説の唐手家が、生涯を掛けた戦いの果てに辿りついた真理とは…。武闘小説の真骨頂。

『チャンミーグヮー』(2014年9月5日)
出典:www.amazon.co.jp

チャンミーグヮー (集英社文庫)―2017年12月14日発売

長編小説

明治初期、首里士族である喜屋武家の三男として生まれた朝徳。体の小さな彼は、従兄の本部朝基と相撲をしても負けてばかりだったが、父の教える手に惹かれて鍛錬を重ねる。激変する時代のなか、東京での勉学生活の後に沖縄へ戻った朝徳は更に手の修業を積み、やがてその伝道に力を注いでゆく――。平和は武によって保たれる。琉球が生んだ伝説の唐手家の生き様を描き出す武道小説。

『武士マチムラ』(2017年9月26日)
出典:www.amazon.co.jp

武士マチムラ (集英社文庫)―2020年11月20日発売

長編小説

幕末の沖縄を生きた空手家・松茂良興作。一度見た「手」をほぼ記憶するという特異な才能を備えた彼は、刀を振るう薩摩藩士に手ぬぐいで立ち向かうなど、数々の武勇伝を持ち泊手の達人へと成長する。やがて明治維新の荒波が沖縄を襲い、琉球王国がヤマトに消滅させられると、興作は反ヤマト派の活動を始めるが――。空手の真髄と沖縄のあるべき姿を追い求めた男の、波瀾の一代記!

『宗棍』(2021年6月4日)
出典:www.amazon.co.jp

宗棍―2021年6月4日発売

長編小説

松村宗棍(まつむら・そうこん)は13歳の頃、友だちをいじめる少年たちを打ち倒した。それによって高名な武術家・照屋(てるや)に武の才を見出され、彼に弟子入りする。元服を迎えて首里王府の役人となるが、強さが評判を呼んで、国王に御前試合への参加を命じられる。思いがけず琉球屈指の強豪たちに挑むことになり――。国王との交流、「最強」の妻との出会い、好敵手との決闘、猛牛との闘い、弟子の自害……様々な出来事に直面しながら、彼は本当の強さを追い求めていく。しかし、琉球王国崩壊の足音が聞こえ始めていた……。幕末、琉球王国が滅びゆく時代に、国王の武術指南役を務めた松村宗棍。強さとは何かを追い求め、琉球空手の礎を築いた男の生涯を描く、著者入魂の長編。

読む順番のおさらい

この順番に読めばOK!

以上、「琉球空手」シリーズ一覧と読む順番でした。

※このページの情報は2022年9月26日時点の内容のため、最新情報とは異なる可能性があります。

よかったらシェアしてね!