2/1 長岡弘樹さん追加全作品はこちら

今野敏『渋谷署強行犯係』シリーズ小説一覧|読む順番&最新刊など網羅

『密闘』から始まる、今野敏作のアクション小説「渋谷署強行犯係」シリーズの一覧まとめ。読む順番やあらすじ等も確認できます。読む順番をざっくり紹介すると『密闘 渋谷署強行犯係』『義闘 渋谷署強行犯係』『宿闘 渋谷署強行犯係』……です。詳しくは記事をご覧ください。

あわせて読みたい

今野敏さんの全作品を下のリンク先でまとめています。興味がある方はご覧ください。

「渋谷署強行犯係」シリーズ刊行順一覧

渋谷署強行犯係シリーズは全4作発売中です。刊行順に並べると下の表のとおり。

見切れていたらスクロールできます
刊行年月タイトル ※クリックで表紙が見れます
1992年6月1日密闘 渋谷署強行犯係(旧題:拳鬼伝)
1993年2月1日義闘 渋谷署強行犯係(旧題:賊狩り 拳鬼伝2)
1993年6月1日宿闘 渋谷署強行犯係(旧題:鬼神島 拳鬼伝3)
2014年1月17日虎の尾 渋谷署強行犯係
「渋谷署強行犯係」シリーズ刊行順一覧表

「渋谷署強行犯係」シリーズを読む順番

渋谷署強行犯係シリーズは刊行順に読んでいくのがベストです!

この順番に読もう

『密闘 渋谷署強行犯係』(1992年6月1日)
出典:www.amazon.co.jp

渋谷署強行犯係 密闘 (徳間文庫)―2011年5月7日発売

長編小説

深夜、渋谷センター街。争うチーム同士の若者たち。そこへ突如、目出し帽をかぶった男が現れ、彼らを一撃のもとに次々と倒し、無言で立ち去った。現場の様子を見た渋谷署強行犯係の刑事・辰巳吾郎は、相棒である整体師・竜門の診療所に怪我人を連れて行く。たった一カ所の打撲傷だが、その破壊力は頸椎にまでダメージを与えるほどだった。男の正体は? (『拳鬼伝』改題)

『義闘 渋谷署強行犯係』(1993年2月1日)
出典:www.amazon.co.jp

義闘―渋谷署強行犯係 (徳間文庫)―2008年11月7日発売

長編小説

若者が群れ集う深夜の渋谷に怒声が響き、武装した十数人の少年たちが次々と路上に叩きのめされた。現場を去ってゆくサングラスにマスク姿の大男。その後も頻発する事件。被害者はすべて暴走族のメンバーだった。渋谷署強行犯係の刑事・辰巳は、武道家でもある整体師・竜門光一のもとを訪れた。素手で一撃のもとに相手を倒す謎の大男の目的は? (『賊狩り 拳鬼伝2』改題)

『宿闘 渋谷署強行犯係』(1993年6月1日)
出典:www.amazon.co.jp

宿闘―渋谷署強行犯係 (徳間文庫)―2009年3月6日発売

長編小説

芸能プロダクションの三十周年パーティで専務の浅井が襲われた。意識を回復した当人は何も覚えていなかったが、その晩死亡した。会場で浅井は浮浪者風の男を追って出て行った。共同経営者である高田、鹿島、浅井を探して対馬から来たという。ついで鹿島も同様の死を遂げた。事件の鍵は対馬に? 渋谷署の辰巳刑事は、整体師・竜門と対馬へ向かう! (『鬼神島 拳鬼伝3』改題)

『虎の尾 渋谷署強行犯係』(2014年1月17日)
出典:www.amazon.co.jp

虎の尾: 渋谷署強行犯係 (徳間文庫)―2017年3月3日発売

長編小説

渋谷署強行犯係の刑事・辰巳は、整体院を営む竜門を訪ねた。琉球空手の使い手である竜門に、宮下公園で複数の若者が襲撃された事件について話を聞くためだ。被害者たちは一瞬で関節を外されており、相当な使い手の仕業だと睨んだのだ。初めは興味のなかった竜門だったが、師匠の大城が沖縄から突然上京してきて事情がかわる。恩師は事件に多大な関心を示したのだ。

読む順番のおさらい

この順番に読めばOK!

以上、「渋谷署強行犯係」シリーズ一覧と読む順番でした。

※このページの情報は2022年9月26日時点の内容のため、最新情報とは異なる可能性があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!