牛乳パックと輪ゴムでジャンプするおもちゃの作り方。つなげればヘビみたいで面白い

牛乳パックと輪ゴムを使った「ぴょん」とジャンプするカエル風おもちゃの作り方を紹介します。いつ飛び跳ねるかわからないドキドキ感も楽しみの1つ。

似たような工作で「パッチンカエル」がありますが、今回のおもちゃはパッチンカエルと違って、連結させられます。なので単体では「カエル」もしくは「バッタ」のようですが、6個ほどつなげれば「ヘビ」のようにも見えます。

ぜひ子供さんと一緒に作ってみてくださいね。

目次

牛乳パックでジャンプするおもちゃの作り方

準備するもの
  • 牛乳パック1本
  • 輪ゴム最低1本
  • カッター
  • ハサミ
  • 定規
  • マジック
STEP
牛乳パックをカットする

まずは牛乳パックの底をカットします。先にカッターで切れ目を入れてから、ハサミ切るようにするとやりやすいですよ。

牛乳パックで跳ねるおもちゃの作り方手順1

底が切れたら、飲み口の方を折り目でカットします。

牛乳パックで跳ねるおもちゃの作り方手順2
STEP
牛乳パックをカットする

残った牛乳パックを6㎝の幅で切り分けます。下の画像のように3個作れるかと思います。(※端の細く残った部分は使いません)

牛乳パックで跳ねるおもちゃの作り方手順3
STEP
牛乳パックに切り込みを入れる

下の画像の黒線部分を参考に、5ミリほど切り込みを入れます。

牛乳パックで跳ねるおもちゃの作り方手順4
STEP
完成

切り込みを入れたら、ゴムを切り込みに引っかけます。全部引っかけると下の画像のようになります。これで「ジャンプするおもちゃ」の完成です♪

牛乳パックで跳ねるおもちゃの作り方手順5

ジャンプするおもちゃの遊び方

遊び方はとっても簡単。ゴムが水平になるように牛乳パックをつぶして、その指をはなすと「ぴょん」と飛び跳ねます。

また色つきの布テープなどで、牛乳パックをかわいくするのもいいですし、カエルやバッタなどの顔を書いて貼り付けても楽しいです。

アレンジとして、残るの2つも同じように作り、テープでつなげても面白く遊べます。動画最後に3つで作ったものを飛ばしていますのでご覧ください。

6個くらい連結させれば、まるでヘビが「びよ~~~ん」とジャンプしているようにも思えます。いろいろ試して楽しく遊んでみましょう♪


当ブログではこのほかにも、簡単に作れる工作を紹介しています。よければ、ほかの手作りおもちゃも作って遊んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる