六角形の牛乳パック椅子カバーの作り方をわかりやすく解説

六角形の牛乳パック椅子カバーの作り方を紹介します。布カバーを付けることで、牛乳パックで作ったとは思えないほど良い感じの椅子ができます。ぜひ作ってみてくださいね。

目次

六角形の牛乳パック椅子カバーの作り方

準備するもの
  • 布(100×60)
  • 裁縫セット
STEP
布をカットする

布をカットする前に、椅子の側面の長さを測ってください。

側面の長さに縫い代1.5cmを含めたもの(私の場合は92cmでした)をヨコの長さに設定します。タテは25㎝にします。

布に目印を付けたらカットしましょう。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順1

残りの布は、椅子の上下の部分に使います。

椅子を直接布に置いて、まず上下の型を取ります。椅子と布が合うように、目印を付けておきましょう。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順2

型の周りに、1.5cmほど縫い代を足してカットします。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順3

これで布をカットする作業は終わりです。

STEP
側面部分の布を縫う

はじめに切った側面部分の布を縫っていきます。

布の柄の付いている面を上にして、半分に折りたたみます。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順4
牛乳パック椅子カバーの作り方手順5

左端を3ヶ所ほど、マチ針で止めて、動かないよう固定します。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順6

縫い代分の幅を除いて、縫っていきます。

※並縫いでも構いませんが、本返し縫の方がしっかりするのでオススメです。
※途中まで縫ったら、一度牛乳パック椅子に入る確認しましょう。ちなみに、少しきつめくらいの方がキレイに仕上がります。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順7
STEP
布を牛乳パック椅子にかぶせる

縫い終わったら、牛乳パック椅子にかぶせます。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順8
STEP
はみ出ている布の角に切込みを入れる

布に余分な部分があると思いますので、上下同じ長さになるよう調整し、ハサミで角に切り込みを入れてください。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順9
STEP
角をマチ針で止める

はみ出ている部分を、マチ針で止めてください。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順10
牛乳パック椅子カバーの作り方手順11

裏側も同じようにマチ針で止めておきます。

STEP
上下の面の布の角に切り込みを入れる

上下の面の布の角にもハサミで切り込みを入れ、マチ針で止めておきます。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順12
牛乳パック椅子カバーの作り方手順13
牛乳パック椅子カバーの作り方手順14

もう一枚も同じように、切り込みを入れマチ針で止めておきましょう。

STEP
縫い合わせる

布を合わせて、縫い合わせます。

目印で合わせたら、マチ針で止めて動かないように固定します。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順15

まつり縫いで縫っていきましょう。布と糸の色を合わせれば、縫い目も気になりません。

牛乳パック椅子カバーの作り方手順16

※縫い方を動画です。わからない方は参考にしてみてください。

STEP
完成

両面縫えば、布カバー付き六角形の牛乳パック椅子の完成です!

カバーを付けた牛乳パック椅子

まとめ

布の柄次第では、手作りしたとは思えないほどステキな椅子になります。

椅子本体と合わせると、相当な労力と時間がかかりますが、ぜひ作っていただきたい牛乳パック工作です。お子さんと一緒にできたら良いですね♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる