【サーモス保冷缶ホルダーレビュー】缶飲料の冷たさを長時間キープできる&結露なしで持ちやすい|JCB-352 BK

サーモス保冷缶ホルダー
トモヒコ
トモヒコ

こんにちは、ともぐらしのライター兼管理人のトモヒコです!

缶ビールや缶チューハイなどの缶飲料を飲んでいて「なんだ、もうぬるくなっちゃったのか…」と残念な気持ちになってしまうことってありませんか?

時間が経って温度が上がるのは仕方ないことです。でも、短時間で飲み干せない方にとっては悩ましい問題でしょう。

そんなときに見つけたのが「サーモス保冷缶ホルダー」。缶をそのままホルダーに入れるだけで、冷たさを長い時間キープできるという商品です。

それではさっそく【サーモス保冷缶ホルダーレビュー】缶飲料の冷たさを長時間キープできる&結露なしで持ちやすい|JCB-352 BKについて書いていきます。

Amazon|サーモス 保冷缶ホルダー 350ml缶用 ブラック JCB-352 BK|水筒・マグボトル用アクセサリー オンライン通販
サーモス 保冷缶ホルダー 350ml缶用 ブラック JCB-352 BKが水筒・マグボトル用アクセサリーストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。
スポンサーリンク

サーモス保冷缶ホルダーの特徴

まずはサーモス保冷缶ホルダーの特徴です。具体的には下記の2点。

  • 飲み頃の温度をキープできる
  • 結露しないので持ちやすい

それでは1つずつ見ていきましょう。

飲み頃の温度をキープできる

サーモス保冷缶ホルダーは「真空断熱構造」になっています。これは外側と内側の面の間に、真空状態の空間がある構造です。

真空の熱伝導は、ほぼゼロ。サーモスではありませんが、タイガー魔法瓶のWebサイトにも下記のように書かれています。

真空の場合、空気の分子が存在しないので熱伝導はありません。

真空断熱技術について | タイガー魔法瓶株式会社

「熱伝導=熱が移動すること」なので、「熱伝導がない=温度変化が起こらない」というわけです。

そのため、真空断熱構造のサーモス保冷缶ホルダーは、缶の冷たさを外に逃がしにくく、飲み頃の温度を長時間キープできます。

こんな実験もありました。

まず350ml缶に4℃の冷水を満量入れたものを2本用意します。一方はそのまま、もう一方はサーモス保冷缶ホルダーに入れます。

その2本を30℃の室温の部屋で2時間放置したときに、どのくらい温度上昇に変化があるのか調べたそうです。

結果はそのまま放置した方は約28℃まで温度が上がったのに対し、サーモス保冷缶ホルダーに入れた方は約12℃までしか上がらなかったのです。

サーモス保冷缶ホルダーに入れることで温度上昇を抑えられ、冷たい温度を保つことができます。

結露しないので持ちやすい

キンキンに冷えた缶は結露しますので、そのまま持つと手が濡れてしまいます。

また缶を置いたテーブルも同様に濡れてしまうので、それを防ぐためにはコースターを使わなくてはいけません。

しかし、サーモス保冷缶ホルダーは結露しませんので、コースターも必要ありませんし、不快に感じることなく冷たい飲み物を飲めます。

サーモス保冷缶ホルダーの活用シーン

サーモス保冷缶ホルダーは下記のようなシーンに大活躍です。

  • のんびり飲み物を飲みたいとき
  • キャンプやバーベキューなどアウドドアに
  • ホットプレートや鍋など

それでは1つずつ見ていきましょう。

のんびり飲み物を飲みたいとき

映画鑑賞や読書などをしているときに、気づいたら飲み物がぬるくなってしまった経験はありませんか?

サーモス保冷缶ホルダーを使っていれば、そんなときにも冷たさをキープしたまま飲めます。

キャンプやバーベキューなどアウドドアに

飲み物が外に長時間置きっぱなしになりがちな、キャンプやバーベキューなどでもサーモス保冷缶ホルダーは活躍してくれます。

4種類のカラーから選べるので、同じ飲み物ばかりのときに「これ誰の飲み物?」とわからなくなることも少なくなるでしょう。

ホットプレートや鍋など

缶のそばに熱いホットプレートや鍋があると、その影響でどんどん飲み物がぬるくなってしまいます。

サーモス保冷缶ホルダーなら外部の温度影響も受けないので、キンキンに冷えたビールも長く楽しめます。

購入前に知っておきたいこと

実際にサーモス保冷缶ホルダーに使ってみて、気になったことなどを書いていきます。具体的には下記の3点です。

  • 飲料の残りがわかりくい
  • ホルダーに唇が触れるのが不快
  • 350ml用には260ml缶も入る

それでは1つずつ見ていきましょう。

飲料の残りがわかりくい

当たり前ですが、保冷缶ホルダーを使えば、ホルダー分の重さが増えることになります。

缶の重さに慣れてしまっていると…飲み干したときにまだあるという錯覚をしてしまい、「え、もう無いの?」となんだか残念な気持ちになります。

使い慣れれば「もうすぐ無くなるな」と感覚がつかめてくるのでOKですが、最初はかなり違和感があると思います。

ホルダーに唇が触れるのが不快

飲んでいるとホルダー上部にあるゴムの部分に、唇が触れることがあります。

これは飲み方によって変わってくると思いますが、ぼくは深めにくわえてしまう?のでそれが気になりました。

350ml用には260ml缶も入る

350ml用には下の画像のような260ml缶も入れられます。

260mlの缶コーヒー

ちょっと見た目は微妙ですが、太さが同じなため260ml缶でも冷たさはキープできました。

260ml缶を350ml用サーモス保冷缶ホルダーに入れた

サーモス保冷缶ホルダーレビューまとめ

サーモス保冷缶ホルダーを使えば、冷たい飲み物を長い時間飲むことができます。

もちろん350ml缶用だけでなく、500ml缶用もあるので、合わせて選んでみてください。

以上、サトウトモヒコが【サーモス保冷缶ホルダーレビュー】缶飲料の冷たさを長時間キープできる&結露なしで持ちやすい|JCB-352 BKについてお届けしました。

Amazon|サーモス 保冷缶ホルダー 350ml缶用 ブラック JCB-352 BK|水筒・マグボトル用アクセサリー オンライン通販
サーモス 保冷缶ホルダー 350ml缶用 ブラック JCB-352 BKが水筒・マグボトル用アクセサリーストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。
レビュー
この記事を書いた人
トモヒコ

ブログ管理人の佐藤友彦です。静岡県富士宮市在住のWeb系フリーランス(主にアフィリエイト)です。現在「みやぐらし」という地域ブログに全力投球中!

フォローもよろしくお願いします
お役に立てましたらシェアお願いします
フォローもよろしくお願いします
ともぐらし

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました