ストロー笛の作り方|鳴らし方のコツもわかりやすく!

ストロー笛
スポンサーリンク

ストロー1本で超簡単にできる“ストロー笛”の作り方をご紹介します。

ただ、音を出すのが少し難しいので、“鳴らし方の3つコツ”もあわせてお伝えします!

ストロー笛を作ってみよう

準備するもの
  • 太めのストロー1本
  • ハサミ

【1】ストローの長さを5㎝に切ります。

※長さに関係なく音は出ますが、短い方が音が出しやすいです。

ストロー笛の作り方手順1

【2】ストローの先を2㎝くらいつぶして、できるだけ平らにします。

ストロー笛の作り方手順2

【3】ストローの先を、画像のように切ったら、ストロー笛の完成です!

ストロー笛の作り方手順3
ストロー笛の作り方手順4
ストロー笛

切った部分を指で柔らかくして、さっそく吹いてみましょう♪

ストロー笛

鳴らし方のコツ3つ

「ストロー笛をいざ吹こうとしたら、音が全然鳴らないし、ムキになって吹いてたらフラフラしてきた…」

これは、僕が初めてストロー笛を作ったときに経験したことです。

そんなこんなで試行錯誤しているうちに、鳴らし方に、大きく分けて3つのコツがあることがわかりました。

  • 切り口をしっかり左右対称にする
  • 切り口の周りを柔らかくする
  • ストロー(切った側)を深くくわえる

この3つのことに気をつければ上手に音を鳴らすことができます。音が思うように鳴らなくて悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

読者さんからのアドバイス

木管楽器のリードのような感じ。吹部ではない方は分からないと思いますが…唇でストローを強く挟みます。唇を口の中に持っていくような感じにして、強く息を吹きます。慣れてくると力加減など分かってくると思います。

私的にはストローを三角に切るときにこの記事のように切るのではなく、もっと先を尖らせて切った方が吹きやすいかったです。ただ尖っている部分を口に入れるのでケガには気をつけてください。

スポンサーリンク
工作
この記事を書いた人
サトー

管理人のサトーと申します。全国どこにでもいる佐藤の一人です。2014年から在宅ワーカーやってます。

サトーをフォローする
SATO BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました