超簡単!牛乳パックで紙飛行機の発射台(カタパルト)の作り方

牛乳パックで作ったカタパルト
スポンサーリンク

牛パック1個を使って、超簡単な“紙飛行機の発射台(カタパルト)”の作り方をご紹介します。

発射台を使うことによって、紙飛行機がさらに良く飛ぶようになります。発射台を手作りして広い場所で楽しんでください。

牛乳パックで紙飛行機の手作り発射台の作り方

牛乳パックで簡単工作 「紙飛行機の発射台(カタパルト)」 の作り方 【手作りおもちゃ】
準備するもの
  • 牛パック1本
  • 輪ゴム1本
  • ホッチキス
  • はさみ

1.牛乳パックを開いて、赤線を切ります

牛乳パックでカタパルトの作り方手順1

2.中心の上の部分に、輪ゴムをホッチキスで止めます

牛乳パックでカタパルトの作り方手順2
牛乳パックでカタパルトの作り方手順3

3.点線で折ります

牛乳パックでカタパルトの作り方手順4

真ん中で折ったときに、画像のようになっていれば手作り発射台の完成です!

牛乳パックでカタパルトの作り方手順5

発射台を使って紙飛行機を飛ばそう

1.画像のようにゴムを引っ張って、反対側に引っかけます

牛乳パックカタパルトの遊び方
牛乳パックカタパルトの遊び方

画像の形になるように調整します

牛乳パックカタパルトの遊び方

2.ミゾに紙飛行機をセットします

牛乳パックで作ったカタパルト

横に引っ張ると、紙飛行機が発射します

牛乳パックカタパルトの遊び方

紙飛行機は画用紙で作るのがオススメです!

折り紙でも紙飛行機もちろん作れるのですが、耐久力が低いため、この発射台で飛ばしていると、すぐにヘタってしまいます。

折り紙より耐久力のある画用紙が作れば、さらにこの発射台で楽しく遊べますよ。

さらに紙飛行機を遠くへ飛ばしたい場合は、ゴムの径を小さくしましょう。小さいゴムなら発射するときに、普通のゴムより力がかかるので、速く遠くに飛ばすことができます。

スポンサーリンク
工作
この記事を書いた人
サトー

管理人のサトーと申します。全国どこにでもいる佐藤の一人です。2014年から在宅ワーカーやってます。

サトーをフォローする
SATO BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました