【仕事納め/仕事始め】早わかりカレンダー

カレンダー
スポンサーリンク
仕事納め/仕事始めの目安

仕事納めと仕事始めは、ある程度の目安がつけられます。

まず官公庁は「行政機関の休日に関する法律」により「12月29日~1月3日」が休日と定められているので、毎年この6日間は休みです。

したがって、仕事納めは12月28日、仕事納めは1月4日となります。なお一般企業は「官公庁」にあわせることが多いです。

また銀行は「銀行法」により「12月31日~1月3日」が休日と定められているので、毎年この4日間は休みです。

そのため同じ考えで、仕事納めは12月30日、仕事納めは1月4日となります。

しかし、例えば1月4日が日曜であれば、仕事始めも1月5日というようにズレます。目安にはなりますが、あくまでカレンダーで判断しましょう。

【仕事納め/仕事始め】2020~2021カレンダー

官公庁

  • 12月28日(月) 仕事納め
  • 1月4日(月) 仕事始め
カレンダー
カレンダー

官公庁の2020年の仕事納めは12月28日(月)、2021年の仕事始めは1月4日(月)となります。

銀行

  • 12月30日(水) 仕事納め
  • 1月4日(月) 仕事始め
カレンダー
カレンダー

銀行の2020年の仕事納めは12月30日(水)、2021年の仕事始めは1月4日(月)となります。

一般企業

  • 12月28日(月) 仕事納め
  • 1月4日(月) 仕事始め
カレンダー
カレンダー

一般企業は「官公庁」にあわせる場合が多いので、2020年の仕事納めは12月28日(月)、2021年の仕事始めは1月4日(月)となるでしょう。

【仕事納め/仕事始め】2021~2022カレンダー

官公庁

  • 12月28日(火) 仕事納め
  • 1月4日(火) 仕事始め
カレンダー
カレンダー

官公庁の2021年の仕事納めは12月28日(火)、2022年の仕事始めは1月4日(火)となります。

銀行

  • 12月30日(木) 仕事納め
  • 1月4日(火) 仕事始め
カレンダー
カレンダー

銀行の2021年の仕事納めは12月30日(木)、2021年の仕事始めは1月4日(火)となります。

一般企業

  • 12月28日(火) 仕事納め
  • 1月4日(火) 仕事始め
カレンダー
カレンダー

一般企業は「官公庁」にあわせる場合が多いので、2021年の仕事納めは12月28日(火)、2022年の仕事始めは1月4日(火)となるでしょう。

\ 来年の休みを先取り /

コメント

タイトルとURLをコピーしました