ペットボトルで『空気砲』の作り方をわかりやすく解説

ペットボトル空気砲
スポンサーリンク

ペットボトルで簡単な“空気砲”の作り方を画像などでわかりやすく解説します。

普段の遊びにはもちろんですが、夏休みの工作にもオススメです。スコープなどを付けたりして、自分だけのオリジナル空気砲を作りましょう。

ペットボトルで空気砲を作ってみよう

準備するもの
  • ペットボトル1本
  • トイレットペーパー芯1本
  • 風船1個
  • ビニールテープ
  • カッター
  • ハサミ

1.ペットボトルの底を切り取ります。手を切りやすい部分なので充分に注意をしてください。

※最初に少しカッターで切れ目を入れてから、ハサミで切るようにするとやりやすいです。

ペットボトルで空気砲の作り方手順1

2.切った部分を保護するために、ビニールテープを貼ります。これで風船が破けにくくなります。

ペットボトルで空気砲の作り方手順2

3.風船の丸くなり始める部分で切り、ペットボトルの底にかぶせます。

※一度風船を膨らめたり、よく伸ばしておくとかぶせやすいです。

ペットボトルで空気砲の作り方手順3
ペットボトルで空気砲の作り方手順4

かぶせたら、ビニールテープで3週くらいグルグル巻くように、しっかりと風船を固定しましょう。

ペットボトルで空気砲の作り方手順5

4.トイレットペーパー芯の端を1.5cmくらいの幅で切ります。これはスコープに使います。

ペットボトルで空気砲の作り方手順6

続けて、端に1.5㎝くらい切れ目を入れて、タコの足のように広げます。

ペットボトルで空気砲の作り方手順7

8.ペットボトルの半分くらいの場所に、トイレットペーパ芯を貼り付けます。これも風船を同様に、何重にもビニールテープを巻いて、ガッチガチに固定してください。

ペットボトルで空気砲の作り方手順8
ペットボトルで空気砲の作り方手順9

9.スコープを上に取り付けて、自分の好きな色のビニールテープで、カッコ良く仕上げましょう。

これで「ペットボトル空気砲」の出来上がり!

ペットボトル空気砲

空気砲で遊んでみよう

空気砲の使い方はとても簡単です!

トイレットペーパー芯をしっかりとにぎり、風船の膨らんでいる部分を引っ張ります。

ある程度引っ張ってから手を放すと、「ボンッ」という音とともに空気の玉が飛んでいきます。

ペットボトル空気砲の遊び方
ペットボトル空気砲の遊び方
ペットボトル空気砲の遊び方

引っ張れば引っ張るほど、空気砲の威力も上がりますが、風船が破けたり、外れてしまったりする可能性があるので、力加減には注意が必要です。

点数を書いた紙などを置いたりして、的当てゲームを楽しみましょう♪

スポンサーリンク
工作
この記事を書いた人
サトー

管理人のサトーと申します。全国どこにでもいる佐藤の一人です。2014年から在宅ワーカーやってます。

サトーをフォローする
SATO BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました